FC2ブログ

街からシネマ・クレールの灯を消さない

若くて、とても頼りがいのあるI原さんから、声をかけられて、シネマ・クレールを応援する集まりに出かけていった。
そこで、久しぶりにシネマ・クレールの浜田支配人に会った。
浜田さんとは、「リビングおかやま」創刊間もないころ(1983年)からのつきあい。自主上映映画会の情報を持ってきてくださり、その原稿をいつも書いていた。そう、映像文化交流会。
リビング新聞社主催で、浜田さんに協力してもらって、子どもアニメ映画会を、今はもうなくなってしまった古京町の三木記念ホール開いたこともある。
映像文化交流会が、宮沢賢治原作のアニメ「セロ弾きのゴーシュ」をオリエント美術館で観たときは、日本アニメのすごさを知った。
その浜田さんが1994年にミニシアター「シネマ・クレール」を石関町に造った時、長年の夢が叶ったんだなと、自分のことのようにうれしかった。
そのシネマ・クレールが、新型コロナウイルスの影響で危機的状況になっている。感染拡大が表面化して2月以降入場者数が減少し、国の緊急事態宣言が全国を対象になった4月下旬から連休明けまで休館を余儀なくされ、危機はさらに進行しているという。
「岡山のミニシアターを存続させよう」「多様な映画の灯を消さない」と、シネマ・クレールに足を運んだことのある人は、きっと賛同してくれることだと思う。
この応援は、この危機を乗り越える一時的な支援にとどまらず、地域にミニシアターはなぜ必要なのか、ミニシアターがあることとまちの魅力についても考えたい。ミニシアター「シネマ・クレール」の地域社会での存在意義、果たしてきた役割、そして市民一人ひとりにとってもかかわりを、一度問い直す機会にしたいと。
IMG_4762.jpg
スポンサーサイト



成田家田町店のこと

5月13日

連休中、基本SNSに近寄らないようにしていたら、ついブログを書くことにも遠ざかっていた。
5月10日の朝、そのSNSで成田家田町店が閉店、持ち帰りのみの店に変わるというニュースを知る。
成田家田町店は、1983年に三重県から岡山に帰り、岡山リビング新聞社に勤務し始めて間もないころから出入りしていた店だ。当時の上司がお酒が好きで、よく「1000円会費で成ちゃんへ行こう」と、この店に誘ってくれた。
その後、子どもたちが大学進学で外へ出てしまって、夫婦二人になってから、晩ご飯をたべに月に一度は顔を出すようになっていた。通っているうちに、居酒屋の楽しみを知ったような気がする。
魅力は、なんといってもその手ごろさ。二人でおなかいっぱい呑んで食べて、大体4000円前後。そしてお店の大将と奥さんのやさしさ、店にくるお客さんのやさしさだ。
今日、持ち帰りの店に変身した成田家田町店へ行ってきたが、みなさん元気で忙しそうだった。あの狭い空間でたくさんのお客さんがしゃべり食べる姿はなくなるのはさみしいが、おいしい料理は健在だ。


「名もなき仕事」の悩み

2020年5月2日

5月に入り一気に暑くなった。
今朝はTシャツに長袖Tシャツ、パーカーだったが、途中から暑さを感じた。
1時間ほど歩いたところで、ランニング中のKさんに遭遇。フルマラソンを走り切れる人は遠目にも走り方が違うなあ。
昼前に大守動物病院へ。海渡の狂犬病予防注射とフィラリア予防などの薬をもらう。年に一度の注射なのだが、海渡は吠えまくりの大騒ぎ。
帰りに華宵庵に寄って、柏餅(つぶあん)と白玉ぜんざい、いちご大福を買って帰る。

今朝の朝日新聞別刷り「Be」の悩み相談コーナーで「名もなき家事」という言葉に出合う。「脱ぎっぱなしの靴下を拾う、食事の献立を考える、洗剤を補充するといった家事にカウントされないタスクを可視化し、妻に偏りがちな負担を是正することこそがその狙い」だとある。家事もそうだが、仕事にも同じような「名もなき仕事」がある。
搬入された新刊の山を書庫に移す、使い回しの段ボール箱をちゃんと置く、お客さんに出したお茶の湯飲みを洗うなどなど……だれがやると決まっていない諸々のことである。だれかがやってはいるのだが、やる側からすれば「なんで私が……」となるし、かといって、「これはだれだれが担当」と決めるのもなんだか、というケース。
長年同じメンバーで仕事をしてくると、いろんな所に目がつくようになる。さらっと「これやっておいて」といえばいいのだが、なかなかそれもできず、心のなかでブツブツと腹を立てている。
「名もなき家事」でギクシャクする夫婦もあれば、「名もなき仕事」でチームワークの壊れる職場もある。「名もなき悩み」である。

IMG_4736.jpg

ゴールデンウィークを前に街は静か

2020年4月28日

6時過ぎに起きて散歩。
真っ青な空、ちょっと冷たい風が気持ちいい。
午後、車で倉敷へ。
創業100周年を迎えた企業の資料集が先日完成し、預かっていた古い写真などを返却してきた。記念誌は何冊もつくってきたが、資料集は初めて。写真が中心だったので、文章中心の社史とはまた違った編集の難しさがあった。
帰りに岡山駅前の団体事務所へ念校を届ける。
いつもは満車表示の駐車場もすいすいと入れた。夕方4時ごろだったが、いつもなら賑やかな本町通りも人影もパラパラ。
このままゴールデンウィークを迎えるのかと思うと、気が重い。
一緒に仕事をしているライターやデザイナーから、仕事が急に打ち切られたり、延期になったという悲鳴に近い話を聞く。本当に厳しい状況になってきている。

IMG_4666.jpg

最近お友達になったボーダーコリーと

ささやかでも消せない個人の記憶

2020年4月26日

6時に起床。海渡の散歩。
午前中は部屋の掃除。
午後から所用で少しだけ外出。夕方5時半から散歩。遠く雷の音が聞こえていたが、昨日までと違って暖かく、気持ちの良い夕暮れ。後楽園の外周をゆっくりと回る。新緑がまぶしい。

IMG_4683.jpg

昨日の朝日新聞に「コロナ禍の記憶 覚えていよう歴史は私たちのもの」というコラムがあった。そこには「警告を鳴らす人にはなれなくても、その声を聞き取れる人になろう。大声で話せないなら、耳元でささやく人になろう。ささらくことすらできないなら、黙っていてもいいからおぼえている人になろう」とういう文章に続いて、
「社会の記憶力の乏しさこと、権力に同じ過ちを許す。だからこそ、国家が都合良く再構成した歴史ではなく、ささやかでも消せない個人の記憶が大切なのだ」という一文があった。
胸に響く言葉だ。ささやかでも、社会の記憶力の一端を担うべく役割を果たしたい。

IMG_4660.jpg

最新号の『女性セブン』(5月7日・14日合併号)にスクープ「樹木希林さんが残した『100冊だけの本棚』から学ぶべきこと全目録」という記事が掲載された。
記事によると、大の読書家だった樹木希林さんの書斎には100冊の本だけが遺されていたという。なぜ100冊だけだったのか。
それは、「手元に置きたくなった1冊ができたら、100冊のなかの1冊を人にあげてしまう。だから、いつも100冊」だったのそうだ。
樹木希林さんのこの100冊を読んで、その一冊一冊を作家の椎根和(やまと)さんが『希林のコトダマ』(芸術新聞社)という本にまとめ、このほどが刊行された。樹木希林さんとの交流が深かった椎根さんは、元マガジンハウスの編集者で、『POPEYE物語』など雑誌黄金時代の空気を描いた作品を数冊手元に持っているので、その名前は知っていた。
本書のまえがきには、「希林が、『ことだま(言霊)』を感じた本しか保存しなかった」とある。
そして、この100冊のなかには世良利和『その映画に墓はない』(吉備人出版)がある。
本書を、著者椎根和さんは、「希林が、この本を大切に書棚に入れておいたのは、内田裕也の出演・主宰する映画に関しての本格的な評論集だったせいだとう」と分析し、「裕也は、演技だけで、存在感だけで日本映画界に、ひとつの時代をつくりだした。希林はその凄さを理解していただろうが、大衆、評論家たちは、気づかなかった」と結んでいる。
つまり、『その映画に…』の著者・世良利和さんは、内田裕也の凄さを発見した数少ない人間のひとりだったということなのだろう。
『その映画に……』が刊行されたのは2000年7月。刊行から20年になる。
世良さんはその後、映画史の研究の傍ら、新聞に映画のコラムを連載し、本を何冊も出している。最近も『外伝沖縄映画史―幻に終わった作品たち 』(ボーダーインク)、 『シネマ珍風土記 まぁ映画な、岡山じゃ県〈3〉』(蜻文庫)を刊行したばかり。
プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR