FC2ブログ

社史編纂室は、お仕置き部署か?

朝のNHK中国地方のニュース。

山口県田布施町の町役場で、内部告発した職員を2年間で3回配置換えをし、最終的には一人だけの社史担当したそうだ。職員はパワハラと訴え、町は対応することになったという。

よく小説などでも、仕事にしくじった社員がその代償として配転になり、その行き先が「社史編纂室」などというケースがある。
社史編纂室イコール閑職、窓際的なイメージがあるが、ぼくなら喜んで行くけどな。
しかも、一人で一室与えられて、資料を集め、原稿を書くことに集中できるなら、これほどすてきな部署はない。


スポンサーサイト



『荘直温伝』刊行秘話

0614山陽新聞

昨日は毎日新聞に、そして今日(6月14日)は山陽新聞に『荘直温伝』(荘芳枝/松原隆一郎)が取り上げられた。
毎日新聞は、「今週の本棚」という書評欄。評者は作家の池澤夏樹さんだった。山陽新聞は、太田隆之東京支社長と高梁支局小林貴之記者の連名だった。記事では、著者の松原先生、荘芳枝さんにも取材してくれ、東京ー高梁の取材ネットワークを駆使し、丁寧な取材をしてくれていた。
本書は、地方のある人物の評伝を描く作業を通して、地域や日本という国が抱えてきた課題のようなものを浮き彫りにしてきた作品。副題には「忘却の町高梁と松山庄家の九百年」とある。
放送大学教授で社会経済学・経済思想史が専門の学者・松原隆一郎氏が、なぜ縁もゆかりもなかった高梁の人物の評伝に取り組むことになったのか。その理由のひとつに、高梁市の前身となる松山村長と高梁町長を歴任した人物に関する記録があまりにずさんであったことがある。
本書は、吉備人出版の刊行ではあるが、当社へ話が持ち込まれたのは、原稿、編集作業は90%がた終えていて、さてどこから出版するのがいいのかというなかで、吉備人に持ち込まれたという経緯がある。
本書の出版を企画した著者の一人である荘芳枝さんの遠縁に当たる栗野哲郎氏と著者の松原氏が来られて話を伺った時、高梁のまちを痛烈に批判したこの副題が気になり、正直受けたくはなかった。「忘却の町」と断罪された高梁の人たちは決していい気はしないだろう。
しかも、編集的な作業はほとんど終えており、A5判2段組400頁近い本書の中味に口を挟むだけの力も時間も持ち合わせていなかったので、発売と流通ならと、手伝うことになった。つまり、内容については吉備人出版としては、少し距離をおいたかたちにしたのだ。
そんないきさつのある『荘直温伝』ではあるが、著者の松原氏、そして編集面でサポートされた苦楽堂・石井伸介氏の魂のこもった仕事にただただ圧倒される思いだ。ある一族の900年にわたる歴史を、古文書や資料、インタビューなどを手がかりに、一枚一枚薄皮をはぐように手がかりをさぐり、それをコツコツと積み上げていく一連の経過を、追走できる。歴史探索の妙味にあふれている。
序文で荘芳枝さんが「先生のご熱意と探究心責任感によって個人史から町史へ、町史から県史へ、県史から日本史の一部にまで幅広い歴史本になった事に対し、心から感動と感謝の念でいっぱいです」と書いている。まさにその通りで、本書の刊行にあたり末席に吉備人出版の名前を連ねることができたことを、発案者の栗野哲郎氏と松原隆一郎氏に感謝しなければならない。

シネマ・クレール応援団の代表ではないけれど

今朝(6月11日)の山陽新聞に、シネマ・クレール存続に向けてクラウドファンディング(CF)がスタートしたという記事が掲載されていた。
このCFを成功させようと応援団が結成され、記事では「吉備人出版代表のの山川さんらが中心になって」といった書き方で紹介されていたので、ぼくがその応援団の代表かのような印象を与えてしまったかもしれないが、そうではないことを、一応ここに記しておく。
応援団に名前を連ねていることは確かだけど、正確には、NPOセンターの石原達也さんが「シネマ・クレールがたいへんなので、応援したい。ついては有志でで集まるので、来てもらえませんか?」と声をかけてもらい、行ってみたら現在のようなことになっていただけ。
シネマ・クレールに月に何度も足を運ぶような、熱心な映画ファンとはいえない自分だが、支配人の浜田高夫さんが人生をかけてつくりあげてきた小さな暗闇の空間をなくしてはならないと、応援団のメンバーに名前を連ねることにした。
表だって公表はしていないが、この応援団の代表というか世話人の中心は石原さんで、いち早くCFの情報を聞きつけた山陽新聞の記者が話を聞きたいという時に、たまたま応対したのがぼくだったいうわけ。
かといって、応援団に引き込まれたということではなく、CFの返礼品としてシネマ・クレールの本はどうかという意見が出て、ならば、それは一肌脱がなきゃと。いつか、シネマ・クレールと浜田高夫さんの本はつくりたかったからだ。
浜田さんと知り合ったのは、映像文化交流会の告知を「リビングおかやま」で書くようになってから。今から35年程前のことだ。
オリエント美術館の地下ホールで開いている上映会のお知らせをいつも半2段の記事にまとめていた。
同じころ、舞台芸術の分野で大森誠一さんが、河畔劇場の案内や機関誌「劇プレス」を持って、おなじく「リビングおかやま」に来てくれて、こちらも上演案内の小さな記事を書いていた。
映画の浜田さんも演劇の大森さんも、ぼくより4,5歳年上。地方都市岡山で映像文化や舞台芸術文化の発展に取り組んでいるのをみて、この二人にあこがれ、その存在に刺激を受けていた。
いつか二人に近づきたい、そんなふうに思いながら、二人を眺めていた。
その後、大森さんとはアートファーム理事として数年間その活動にかかわらせてもらった。浜田さんとは、シネマ・クレール丸の内に映画を観に行ったときに二言、三言話すだけで、じっくり話し込む機会がなかった。
ところが、偶然こんな話になって、思っていればかなう事ってあるんだなと、ちょっと不思議な力を感じている。
浜田さん自身が、シネマ・クレールの歩みをまとめてくれれば簡単なのだが、このたいへんな時期に、原稿を書いてくださいとも言えず、少し時間を取ってもらい、インタビューをもとに聞き書きで原稿をまとめようかと計画している。
先日、決起集会があった夜、そのインタビューの質問項目を渡し、準備をお願いした。来週そのインタビュー。
CFの達成度合も気になるところだが、ぼくとしては、本のほうのピッチを上げなければならないことが心配だ。

街からシネマ・クレールの灯を消さない

若くて、とても頼りがいのあるI原さんから、声をかけられて、シネマ・クレールを応援する集まりに出かけていった。
そこで、久しぶりにシネマ・クレールの浜田支配人に会った。
浜田さんとは、「リビングおかやま」創刊間もないころ(1983年)からのつきあい。自主上映映画会の情報を持ってきてくださり、その原稿をいつも書いていた。そう、映像文化交流会。
リビング新聞社主催で、浜田さんに協力してもらって、子どもアニメ映画会を、今はもうなくなってしまった古京町の三木記念ホール開いたこともある。
映像文化交流会が、宮沢賢治原作のアニメ「セロ弾きのゴーシュ」をオリエント美術館で観たときは、日本アニメのすごさを知った。
その浜田さんが1994年にミニシアター「シネマ・クレール」を石関町に造った時、長年の夢が叶ったんだなと、自分のことのようにうれしかった。
そのシネマ・クレールが、新型コロナウイルスの影響で危機的状況になっている。感染拡大が表面化して2月以降入場者数が減少し、国の緊急事態宣言が全国を対象になった4月下旬から連休明けまで休館を余儀なくされ、危機はさらに進行しているという。
「岡山のミニシアターを存続させよう」「多様な映画の灯を消さない」と、シネマ・クレールに足を運んだことのある人は、きっと賛同してくれることだと思う。
この応援は、この危機を乗り越える一時的な支援にとどまらず、地域にミニシアターはなぜ必要なのか、ミニシアターがあることとまちの魅力についても考えたい。ミニシアター「シネマ・クレール」の地域社会での存在意義、果たしてきた役割、そして市民一人ひとりにとってもかかわりを、一度問い直す機会にしたいと。
IMG_4762.jpg

成田家田町店のこと

5月13日

連休中、基本SNSに近寄らないようにしていたら、ついブログを書くことにも遠ざかっていた。
5月10日の朝、そのSNSで成田家田町店が閉店、持ち帰りのみの店に変わるというニュースを知る。
成田家田町店は、1983年に三重県から岡山に帰り、岡山リビング新聞社に勤務し始めて間もないころから出入りしていた店だ。当時の上司がお酒が好きで、よく「1000円会費で成ちゃんへ行こう」と、この店に誘ってくれた。
その後、子どもたちが大学進学で外へ出てしまって、夫婦二人になってから、晩ご飯をたべに月に一度は顔を出すようになっていた。通っているうちに、居酒屋の楽しみを知ったような気がする。
魅力は、なんといってもその手ごろさ。二人でおなかいっぱい呑んで食べて、大体4000円前後。そしてお店の大将と奥さんのやさしさ、店にくるお客さんのやさしさだ。
今日、持ち帰りの店に変身した成田家田町店へ行ってきたが、みなさん元気で忙しそうだった。あの狭い空間でたくさんのお客さんがしゃべり食べる姿はなくなるのはさみしいが、おいしい料理は健在だ。


プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR