FC2ブログ

ささやかでも消せない個人の記憶

2020年4月26日

6時に起床。海渡の散歩。
午前中は部屋の掃除。
午後から所用で少しだけ外出。夕方5時半から散歩。遠く雷の音が聞こえていたが、昨日までと違って暖かく、気持ちの良い夕暮れ。後楽園の外周をゆっくりと回る。新緑がまぶしい。

IMG_4683.jpg

昨日の朝日新聞に「コロナ禍の記憶 覚えていよう歴史は私たちのもの」というコラムがあった。そこには「警告を鳴らす人にはなれなくても、その声を聞き取れる人になろう。大声で話せないなら、耳元でささやく人になろう。ささらくことすらできないなら、黙っていてもいいからおぼえている人になろう」とういう文章に続いて、
「社会の記憶力の乏しさこと、権力に同じ過ちを許す。だからこそ、国家が都合良く再構成した歴史ではなく、ささやかでも消せない個人の記憶が大切なのだ」という一文があった。
胸に響く言葉だ。ささやかでも、社会の記憶力の一端を担うべく役割を果たしたい。

IMG_4660.jpg

最新号の『女性セブン』(5月7日・14日合併号)にスクープ「樹木希林さんが残した『100冊だけの本棚』から学ぶべきこと全目録」という記事が掲載された。
記事によると、大の読書家だった樹木希林さんの書斎には100冊の本だけが遺されていたという。なぜ100冊だけだったのか。
それは、「手元に置きたくなった1冊ができたら、100冊のなかの1冊を人にあげてしまう。だから、いつも100冊」だったのそうだ。
樹木希林さんのこの100冊を読んで、その一冊一冊を作家の椎根和(やまと)さんが『希林のコトダマ』(芸術新聞社)という本にまとめ、このほどが刊行された。樹木希林さんとの交流が深かった椎根さんは、元マガジンハウスの編集者で、『POPEYE物語』など雑誌黄金時代の空気を描いた作品を数冊手元に持っているので、その名前は知っていた。
本書のまえがきには、「希林が、『ことだま(言霊)』を感じた本しか保存しなかった」とある。
そして、この100冊のなかには世良利和『その映画に墓はない』(吉備人出版)がある。
本書を、著者椎根和さんは、「希林が、この本を大切に書棚に入れておいたのは、内田裕也の出演・主宰する映画に関しての本格的な評論集だったせいだとう」と分析し、「裕也は、演技だけで、存在感だけで日本映画界に、ひとつの時代をつくりだした。希林はその凄さを理解していただろうが、大衆、評論家たちは、気づかなかった」と結んでいる。
つまり、『その映画に…』の著者・世良利和さんは、内田裕也の凄さを発見した数少ない人間のひとりだったということなのだろう。
『その映画に……』が刊行されたのは2000年7月。刊行から20年になる。
世良さんはその後、映画史の研究の傍ら、新聞に映画のコラムを連載し、本を何冊も出している。最近も『外伝沖縄映画史―幻に終わった作品たち 』(ボーダーインク)、 『シネマ珍風土記 まぁ映画な、岡山じゃ県〈3〉』(蜻文庫)を刊行したばかり。
スポンサーサイト



ついつい他人を監視しているような

2020年4月19日

外出自粛の日々が続く。
必然的に家で食事をする機会が多くなる。
すると、つい食べる量が多くなってしまう。飲む量も。
すると、知らぬ間に体重は増加している。
いかん、いかん。
もちろん、極力家にいる。
しかし、どうしても行かなければならないことも出てくる。
で、マスクをして車で出かけるが、なぜか外出していること自体を隠そうとしている自分がいる。
ネットなどで、「まだ商店街をウロウロしている人がいる」とかという書き込みなんかを見ると、監視されているような気分になってしまう。(私だけ?)
警棒を持った制服が外出しないようにと巡回することもあまり気分が良くないが、同じ市民が、あの人は自粛していないなどとチェック(もちろん本人はまったくそんなつもりはないのだが)しているような社会はいやだな。

春なのに……満開なのに……

4月4日


桜は満開。
6時に出た海渡との散歩、帰宅すると7時半になっていた。

昼は海渡を連れて、河川敷の花見へ。
人混みは避け、堤防に腰掛けて桜をみながらビールと唐揚げ。
友人の伊藤さんの知り合いがやっていた屋台の焼きそば、唐揚げ、ダンゴがとてもおいしかった。

例年は桜カーニバルですごい人混みになるが、外出自粛の影響でいつもよりは少ない。それでも、カップルや家族ずれがところどころでシートを広げ、満開の桜を楽しんでいた。

IMG_4545.jpg
IMG_4541.jpg

青い瞳のステラの物語を考える

3月15日

大佐の家へ。
お彼岸が近いので、墓掃除に。
やはり、岡山に比べると少し寒い。

道中、柳ジョージのアルバムを聴きながらのドライブ。

♪赤いキャンディー包んでくれたのは……

「青い瞳のステラ」が好きで聴いていると、助手席から「この歌詞の設定は?」と聞かれる。
何度もカラオケで歌っているし、アメリカ南部あたりの田舎の家を舞台に、少年と老人、ステラという女性が登場するくらいしか思っていなかった。
で、何度かリピートしながら、改めて歌詞を考える。
助手席からは、舞台は日本の横浜とかじゃないの、という意見がだされる。
なるほど、そうか。
主人公は年下、もしくはまだ若い少年で、ステラはずいぶん大人の女性なら、少し納得のいく話になる。

ということで、きょうはずっと「青い瞳のステラ」がヘビーローテーション。


雨の日の日曜日は静かに家で

3月8日

6時過ぎに起こされて雨の朝の散歩へ。
しっかり降っている。
雨の日は海渡も早く帰りたがる。
帰ってからがたいへん。
ドライヤーで乾かすこと約20分。

朝食はパンとスクランブルエッグ。

10時過ぎには机に向かい、中島商会の70周年史のゲラ校正。

昼過ぎに県立図書館へ。
予約していた本が3冊入っていた。
事務所にも寄って、仕事に必要な資料を持ち帰る。

午後は、依頼されている助成審査の書類に目を通す。

昼過ぎから晴れて気持ちいい天気に。
5時前から散歩。ゆっくりと後楽園、石山公園を回る。

夕ご飯を食べた後、借りてきた本を読みながら、久々にレコードをかける。
ピアニストのマッコイ・タイナーが亡くなったので、コルトレーンの「至上の愛」を引っ張り出して聴く。
ついでにマッコイのリーダーアルバムの一枚あったので、それも。
この年代のジャズメンは、もうほとんど鬼籍に入っていく。

200308-01.jpg

200308-02.jpg
プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR