fc2ブログ

忙しいのか、ゆっくりしているのか

土曜日はいつもより少しゆっくりと出勤。
たまった仕事を片づけたり、翌週のラジオの原稿をまとめたりするのが主な仕事。
昼ご飯は外で食べることになるので、併せて書店に寄ることも多い。
先週の土曜日も、M善をのぞき、新刊『愛だ!上山棚田団』の棚をチェックしたり、ずらっとそろった各社の文庫棚をのぞく。
この日買ったのは、小林信彦『映画×東京とっておき雑学ノート』(文春文庫)、荻原浩『ちょいな人々』(文春文庫)とNHK「仕事学のすすめ」製作班・編『秋元康の仕事術』(NHK出版)、雑誌「CASAブルータス やっぱり動物と暮らしたい」(マガジンハウス)。
週末は好きな本をゆっくりと読みたいとは思うのだが…。

日曜日は大佐で法事があるため8時前には家を出る。
高速を飛ばして9時には大佐へ。天気はいいし、まだ車は少ないし、気持ちのいいドライブ。
法事から帰ると、義理の姉夫婦が草刈りに実家に寄ってくれていた。
午後からも引き続いて草刈りをするなら加わろうかと思っていたが、あまりの暑さに午前中で終えることに。
確かに30度を超すこのカンカン照りの下での草刈りは、命の危険を伴いそうだ。

夕方6時前に岡山に帰着。
壊れた照明器具を手当しに電気屋へ。
8時前から海渡の散歩。
暗くなっても、河川敷にはまだ昼間の暑さが残っている。
散歩から帰って。ゆっくりと晩ご飯。

10時半過ぎには眠くなって、
書かなければならない原稿にまで手をつける元気はなかった。

12過ぎに買った本を数冊もって布団へ。
スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに27年間で約780点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR