FC2ブログ

2012年度版図書目録巻頭の原稿ノンカット版

吉備人出版『2012年版図書目録』を作った。
毎年年明けに昨年暮れまでに刊行した本までを紹介して、総合目録をつくり、年賀状代わりにおつきあいのある人たちに送っている。
その目録の巻頭に、最近考えていることを書いているのだが、いざ書き出すとけっこう文章量が予定分量を超してしまう。
今年も掲載された文章の倍くらいの原稿を書いて、結局削りに削って現在のかたちになった。
削りすぎて分かりづらくなってしまったかもしれないが、ページ数も限られているので仕方ない。

ノンカット版の原稿を記録のために残しておく。


★2012年図書目録 巻頭の言葉

ここに生きる、ここで創る

「本を手にした人は光のほうへ進む」
アメリカの建築家ルイス・カーンの言葉です。
この言葉を、県立図書館で借りたある本のページの隅っこに見つけました。サイズにして7級ほどの小さな文字、しかも欄外にあった言葉です。それでも、ページをめくったとたんに、その小さな文字が目に飛び込んできたのです。なぜか心の中がざわざわしてきました。不思議なくらいに。

言葉は、このあと「図書館はそうしてできたのだ」と続きます。ルイス・カーンが、光と構造について論じた文章のなかに出てくるらしいのですが、原典にあたったわけではないので、どういう文脈で語られたのかは分かりません。
しかし、私にはその言葉が、まさに暗闇に浮かぶかすかな光のように感じました。

長引く不況、雇用不安、政治への不信、円高と世界的な経済不安、そして東日本大震災と原発事故……自分の努力や頑張りでどうあがいていいのかわからない、明るさの見えない時代に入った私たち。何に希望、拠り所を求めたらいいのか分からない状態が続きました。
そんななかで出合ったのが、この言葉でした。
「光に向かって進む人の手には、本が必要なのだ」と。
ルイスカーンが意図した言葉とはまったくことなる解釈かもしれません。
しかし、光=希望に導くために、本は必要なのだと。本にはそんな大切な使命をもっているのです。ならば、深い闇の時代に、わずかでも光となるような本を生み出すことが、本づくりに携わる者の仕事ではないかと。

地域で本を作るようになってまる17年になろうとしています。点数は410点を超えました。
昨年(2011年)1年間で29点の新刊を出しました。
そのなかに『愛だ上山棚田団−限界集落なんて言わせない!』(協創LLP上山棚田団出版プロジェクト・編)があります。吉備人出版の15周年を記念して公募したなかから最優秀として選んだ作品です。
美作市上山地区には8300枚もの棚田がありましたが、地区住民の流出と高齢化が進み、そのほとんどが耕作放棄地となっていました。ひょんなことから大阪を拠点にしたグループが、棚田再生に取り組むことになり、その活動を3年間にわたって記録したドキュメントです。「楽しいことは正しいこと!」を合い言葉に、その活動は、棚田も地域もどんどん変えてていきます。

応募作品を読みながら、ワクワクして来ました。登場する人たちがとても自由でフラットで、明るく、イキイキしていて、読んでいるこちらまで元気になるのです。
編集作業をしながら、「こんな本が読みたかったんだ!」と思いました。彼らが実践していることは、今の私たちが抱えているいろんな問題解決のヒントがあるように思えたのです。

本書は、私のなかに灯った、まさに「光」のような本です。
そして岡山という地域で本を出し続けてきたからこそ生まれた一冊です。
ここに生き、ここで創ることのできる「光」−。

これからも地域の人たちと共にこの「光」を創り、届けることができればと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR