fc2ブログ

朝の散歩、6月の青空



預けていた訓練士の先生のところから、海渡が帰ってきた。
4日ぶりに朝の散歩。
いない間はしっかり朝寝坊させてもらったけれど、今朝からはまたいつもの朝になる。

いつもなら6時半になって布団から出るのだが、6時過ぎに起こされて、6時半には旭川の河原に立っていた。
お日様はすっかり高くなっていて、6月の日差しは痛いくらいだ。
でも、空の青さに思わず見とれてしまった。
透き通ったブルーから深いブルーへ、地上に近い部分から上空へのグラデーション。

6月の朝の青空

気持ちのいい朝を味わうチャンスと与えてくれた海渡に感謝しよう。

午前中、『吉備の古代史事典』の編・著者である薬師寺さん宅へ。
現在9校目だが、校正ゲラを見るたびに書き加えたいこと、追加したい項目が増えるのだそうだ。
著者は「山川くんの顔を見るのが怖い…」というが、こうなったら、とことん満足のいくまで手を加えてくださいとお願いする。

午後一番で句集を出版される女性と打ち合わせ。
本文はほぼ校了に近づいているが、この句集にはイメージ映像作品をおさめたDVDがつく。
そのDVD付き句集の値段をどうするかで意見調整。
消費税の動向も気になるところだ。

夕方、民俗学会のTさんがこられる。久しぶり。
ちょっと疲れている様子。腰も痛いようだ。
昨年奥さんを亡くされて、家事一切をやりながら、著述、講演と相変わらず忙しい日々を送っているという。
あまり無理をされないように、と親切な言葉をかけながらも、夏に「語り」のイベントをお願いする。このイベント、ちょっと面白いと思う。詳細が煮詰まればご案内します。

8時頃、妻と一緒に帰宅。
海渡の散歩で約1時間歩く。
帰って夕食の準備。野菜炒めを担当したが、炒めすぎて味はいまいち。
妻からは少しがっかりされる。
スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに27年間で約780点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR