FC2ブログ

もうトラクターには……

長くブログを書いていなかったら、画面にばーんと広告が出てしまった状態に。1カ月以上更新しなかった罰だそうだ。


ゴールデンウイークは、大佐の家で田植えの準備、草刈り。
お米は作っていない田んぼだが、とりあえずトラクターだけはかけておこうと耕したところまではよかったのだが、ぬかるんでいるところを避けようとして、結局別のぬかるみにはまり込んでしまい、田んぼの端っこで立ち往生。
自力で脱出できず、知り合いの農機具屋さんに頼んで、地元の建設業社からユンボを持って来てもらい、やっとこのとで脱出。なんとか日が暮れるまでに解決したが、一時はどうなることかと。

一昨年だったか、トラクターに乗って田んぼから道路への坂道を上がりかけたところで、一瞬前輪が浮いてしまう、いわゆるウイリーの状態になって転倒しかけた。そのことが頭に残っていて、バックで坂道を上がる方法を選択したためにぬかるみに入ってしまったのだが、当分トラクターの作業は控えたい(そんなわけにはいかないのだけれど)気分だ。

これって、トラウマ?

翌週の土曜日(5月11日)に田植え。幸い、小雨が残るくらいの曇天で、あまり太陽を浴びることもなかった。
それでも、お昼前から日没近くまで田んぼに入っての作業疲れは、翌朝筋肉痛となっていた。
まあ、これで秋以降もおいしい自家製の米を食べることができることだろう。

田植え201305

スポンサーサイト
プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR