FC2ブログ

おかげさまで今日、設立20周年

2015年4月1日
今日は、吉備人のハタチの誕生日です。

1995年にスタートした時は、会社経験などない私たちにちゃんと会社を維持・存続していけるかどうか、そんな不安さえ考えることもなかったなかでの船出でした。
この20年間、「読書ばなれ」「出版不況」「紙の本が危ない」といった言葉が飛び交う、出版業界と読書環境が激変した20年間でもありました。こうした時代のなかで、地元の本を出し続けて来られたのも、みなさまのおかげだと、心から感謝する次第です。
なかでも印刷会社の方々にはご迷惑をおかけしてばかりで、今日この日を迎えることができたのも優しく見守ってくださる印刷会社様のおかげといっても過言ではありません。
当事者としては特別な感慨を持ってこの日を迎えました。
20年、何が変わるということはないのですが、
人間でいえば成人になったわけですから、周囲に支えられてばかりではなく、少しは支える側にもならなければと思います。
地方(地域)出版は、東京発の出版物と異なり、地元の著者、地元の読者のみなさんと共につくりあげていくものだと考えています。
これからも地域の人々のなかで、心が豊かになる本を出し続けていきたいと、20周年を期に決意するところです。
今後ともよろしくご指導、ご支援賜りますよう、心からお願い申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR