FC2ブログ

日経新聞にインタビュー記事

160224nikkei.jpg

先日受けたインタビューが、本日2月24日付けの日本経済新聞(35面・中国地域版「ここが聞きたい」)に掲載されました。
見出しは「吉備人出版、全国に岡山発信 歴史の薫り電子書籍で」とあり、見出しだけ見ると、電子書籍の熱心で全国向けに本をつくっているかの印象ですが、本文を読んでいただければ、「電子化は少部数の地域出版にもメリットがあるのでは」という文脈です。
インタビューで強調したのは、むしろその前の文脈にある「一緒に地域をつくっていく人とともに本もある。地域活動をする人の身近なツールとして出版があればいい。それがこれからの出版社の役割だ」というところです。

正直、事務所では日経を取っていないので、昼過ぎまでこのことを知らなかったのですが、知り合いが「山川さん、みっけ?」とFacebookのメッセージで知らせてくれました。
事務所に戻ると別の知人から「山川様 祝」というメールが届いていました。

ええ、顔写真付きの記事です。

小さな出版社に光を当てて、熱心にインタビューしてくださった鈴木慎一支局長に感謝です。
スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR