FC2ブログ

地域の本のつくり方


りんてつ

年度末のせいか新刊が続々と出来上がってきています。
この春の新刊は、県内の自治体やいろいろな団体との共同で刊行すするというパターンなのが特徴。
地域出版社の本づくりのかたちとして、これまでもそうだったが、今後ももっと増えていきそうな感じだ。


まず、倉敷商工会議所青年部との恊働で『りんてつ沿線手帖ーくらしきピーポー探偵団が行く』。
本書は1年以上前から準備を進め、先週末に完成。企画、取材、原稿、写真などすべて地元の高校生、大学生と青年部のメンバーが力を合わせて作り上げた労作。昨日の山陽新聞でも掲載されていたが、A5判100ページに、かかわった200人以上の熱いエネルギーが伝わってくる。

2冊は、日本建築家協会中国支部岡山地域会とのタイアップで、『おかやまと中国地方の建築家』刊行。ちょうど一年前から準備を進め、中国5県49人の建築家のみなさんを取材して、代表作を紹介し、建築に対する向き合い方を聞いた。
地域会の編集委員の方々とは、毎月ミーティングを重ねてきたが、振り返ればとても充実した時間だったように思う。

3冊目は、奈義町教育委員会が企画した『今も生きている巨人 伝説さんぶたろう』(民話さんぶたろう研究実行委員会・編、立石憲利・監修)。地域に伝わる伝説をいろんな角度から考察したもので、いろいろな話題を提供している奈義町の元気さ、底力を感じさせる本だ。
このほか、公益財団法人吉備路文学館との恊働で『吉備路文学館第26回少年少女の詩』を、今年から書店でも購入できるようなかたちで出版。『岡山の文学ー平成28年度文学選奨作品集』は、岡山県とおかやま県民文化祭実行委員会との連携で制作。
『地方にかえーる人 2』は、県北・津山市の「レプタイル」という企業と恊働して制作した。
ほかにも吉備中央町の民話集『岡山「へその町」の民話』は、昔ばなしを集大成したもの。少し遅れて4月半ばにはできる予定。
スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR