fc2ブログ

『トリニティ』を読み終える

3月17日

本だけでなく、紙芝居もたまには作る。
今回は、大学生たちが、SNSによるいじめをテーマにした啓発作品を作成。

午前中、食品業界の専門家からWEBサイトの制作相談、依頼。
お昼は、事務所スタッフの誕生日会で、オランダ通りパスタ屋さんへ。
初めてのお店だった。とても繁盛していた。
後からライターのK部さんがご夫婦で来店、遭遇。

午後から先日相談のあった料理の本の企画・見積もり提案へ。
事務所に戻る途中、いつもワインを買っているプレヴナンへ。新型コロナウィルスの影響で飲食店は本当に困っているそうだが、このお店の夫妻は、こんなときだからできることをとサイトや通販の整備に時間を使っているという。
前向きだった。

3時過ぎに著者のK山さん来社。校正を持ってきてくださって、その打ち合わせ。表紙カバーもほぼ決まる。
4時半に、お付き合いのできた事務機器関係の会社からネットワークのセキュリティに関する提案に二人来社。
吉備人の対策は、特に問題ないと褒めてもらう。

明日は井原市のT社で、社史インタビューなので、その準備。

窪美澄の『トリニティ』を読み終えた。
60年代後半からの雑誌の世界を舞台に、出会った三人の女性の人生を描いた物語。
新聞の書評で知り、県立図書館にリクエストしたら、8人待ちだった。半年以上たってやっとめぐってきた順番。こんなに待って読んだのは初めてだ。
待った甲斐はあった。
200318.jpg

スポンサーサイト



プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに27年間で約780点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR