FC2ブログ

瀬戸埠頭50周年史

瀬戸埠頭


瀬戸埠頭株式会社50周年社史『せと五十年の歩み――次の50年に向けて』がこのほど完成し、同社への納品が無事終了した。

瀬戸埠頭株式会社は、水島コンビナートの南端、倉敷市児島塩生に広大な敷地に保管能力10万9600トンを誇る巨大なサイロや吊上げ荷重45トン、荷役処理能力1,850t/hの橋形アンローダーを備えた、港湾物流企業。食品原料から石油化学製品など幅広い種類を取り扱い、荷役から保管、流通加工までを行っている。
昭和43(1968)年年10月、三菱商事や日本食品加工、日本農産加工、日清製粉などが発起人となり設立された。
設立したものの、用地の取得や漁業補償などクリアしなければならない課題も多く、必ずしも順風満帆の船出ではなかった。
50年史では、こうした設立から埠頭の建設、設備の増設などを詳しく記録している。

相談を受けて、3社のコンペになり、幸い小社が受注。
2017年7月から編さん委員会に参加し、制作進行管理、原稿作成のサポート、編集、制作、印刷・製本までを担当した。
とはいえ、原稿制作、写真撮影など、同社の編纂委員会のみなさんが、自分たちのちからでまとめたので、こちらは、進捗状況を見ながら、編集、制作実務に集中できた。

途中、社内を案内してもらい、巨大なサイロの屋上まで連れて行ってもらった。
瀬戸内海を一望できる素晴らしい眺めで、こんな仕事でなければけっして足を踏み入れることができなかった場所だ。

社史もいろいろ手伝ってきたが、こんな施設・設備をもった業種は、今後ないかもしれない。

瀬戸埠頭社史イメージ
サイズ:A4サイズ
ページ数:167ページ
仕様:オールカラー印刷 上製本 函入り
書名『せと五十年の歩み――次の50年に向けて』
編集・発行 瀬戸埠頭株式会社創立50周年記念社史編纂委員会
編集協力 株式会社吉備人
印刷 研精堂印刷株式会社
製本 日宝綜合製本株式会社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR