FC2ブログ

本を出したい、その思いに寄り添う

9時半出社。事務所の掃除。
月末には棚卸しが控えているので、棚を少し整理する。
昼前にロイヤルホテルへ。
岡山ペンクラブの例会。
昼食を食べながら、今年の活動や図版使用の許諾について話す。

午後から出版相談を受けている医師の経営する医院へ。
検査結果からしか病気を判断できない医師を、どう患者を診る医師に育てていくのか、そんな問題意識を本にしたいという希望。
今年一年かけてまとめていくことに。

事務所に戻り、写真集の原稿整理、私家版のカバー表紙デザインのチェック、3月刊行のエッセイ集の校正などなど。
あっという間に午後8時。

晩ご飯を食べに成田家田町へ。カウンターへねじ込んでもらい、座ったと思ったら、玄関が開いて知った顔。
お付き合いの長い財団のNさんご夫妻。
偶然隣の席が空いて、犬の話やらお酒の話で、お酒が進む。

今夜の成田家田町は男性サラリーマンの比率が高く、最近は女性客が多かったのだが、この店に来始めた30年以上前にもどったような、おじさんたちの聖地と化していた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR