FC2ブログ

ファンだった岡康道氏の訃報


夏の日差しがまぶしくなる前に海渡と散歩。最近は歩く距離もずいぶん短くなってきたが、今朝は旭川の土手を南にくだって、相生橋を渡り、岡山城の東手の外周から石山公園、出石を抜けて鶴見橋を渡るロングコース。時間にして1時間15分。
シャワーを浴びて、新聞をじっくりと読み、スマートフォンを眺めていると、岡康道氏の訃報が目に入った。元電通マンで独立してTUGBOATというクリエイティブ・エージェンシーを設立して、NTTドコモやキャノン、大和ハウスなど数々のヒットコマーシャルを生み出した。
残念ながら会ったことも話したこともないが、ほぼ同世代(岡氏は1956生まれ)ということもあって、ずっと気になっていた。彼の著作はほとんど手元に持っているし、TUGBOATの仕事をまとめた『TUGBOAT1999,07〜2002,05』や『TUGBOAT10years LOGBOOK』もある。
その存在を知ったのは、2002年11月2日付けの朝日新聞別刷りの「be」に掲載された「フロントランナー」という人物欄。長身のスーツ姿が実にかっこよかった。その瞬間、40代後半のおっさんが、同世代の男にキュンとなってしまったのだ。
かなり複雑で貧しい少年時代、それでも大学卒業後、電通でCM制作に携わり、仲間4人と独立して、日本で初めてといわれるクリエイティブ・エージェンシーをつくり、CM制作のまさに先陣を切っていた。やっていることが、かっこよすぎる。その後、新聞や雑誌などで、その姿を見るたびに切り抜き、本が出れば買い求めた。ミーハーなファンである。
それなのに、63歳の若さで亡くなるとは。ちょっとショックだ。

200801.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに24年間で約680点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR