fc2ブログ

版元日誌 おかやまは文学のまちになる①

版元日誌に書いた原稿です。



ユネスコ創造都市ネットワークへの加盟認定

2023年10月31日、文部科学省からユネスコ創造都市ネットワークの認証結果の発表があり、岡山市の申請が認められ、加盟が決定した。
岡山市は、2022年3月に市民から提出された「『文学による心豊かなまちづくり』の更なる推進に向けた提言書」の内容を実現するため、新たに産学官が一体となった組織「文学創造都市岡山推進会議」を設立し、文学を軸とした創造都市づくり事業を推進することになった。筆者は提言書の提出に賛同するひとりとしてかかわったことから、推進会議の一員としてこの活動に取り組んでいる。
そうした活動の目標のひとつに、ユネスコ創造都市ネットワークへの加盟があった。その後、5月の国内審査を経て、6月はじめにはユネスコに加盟申請を行い、その審査結果が2022年10月末に発表されたというわけである。
加盟が認められたといってもピンと来ないが、それでも結果が伝えられるまで、まるで高校入試の合格発表を待つような気分で、翌朝知人のSNSで無事認証と知って正直ほっとした。


ユネスコ創造都市ネットワークとはなにか

では、ユネスコ創造都市ネットワークとはなにか。実は、この文学によるまちづくりの取り組みに関係するまで、ぼく自身も知らなかった。調べてみたところ、次のような解説があった。
創造都市ネットワーク(Creative Cities Network)は、チャールズ・ランドリーが1995年に発表した「Creative city」を、2004年にユネスコが採用したプロジェクトのひとつ。文学・映画・音楽・工芸(クラフトとフォークアート)・デザイン・メディアアート・食文化(ガストロノミー)の創造産業7分野から、世界でも特色ある都市を認定するもの。「グローバル化の進展により固有文化の消失が危惧される中で、文化の多様性を保持するとともに、世界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を、都市間の戦略的連携により最大限に発揮させるための枠組みが必要」との考えに基づいている。
発達した現代の都市の近代化は、製造業から金融・不動産など産業に移行し、創造産業の衰退が懸念されるようになった。こうした流れに対抗するために、伝統産業をいかした脱大量生産を模索したまちを「創造都市」と呼び、これに情報化社会の考え方と創造産業を加えることで、創造産業による都市再生を目指そうということが根底にある。簡単にいえば、創造性豊かなものづくりを大切にし、そのための小規模産業を守り、育成し、持続可能な産業としていこうというものだ。
創造産業を守り発展させ、産業として地域社会のなかで根付かせよう。それが市民生活にとっての豊かさをもたらす。こうした視点に立ってまちづくりをということなのだ。
その理念、目指すところを知り、「なんかいいな。生きていくために30年近く地域で本づくりをしてきたことが少しは役に立てるかも知れない」――そんな思いが、この取り組みに深くかかわっていくことになる原点にある。
(つづく)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに27年間で約780点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR