FC2ブログ

駆け出し記者の「立冬」



11月7日。暦のうえでは立冬。冬だ。
立冬という言葉に出合うたびに、1984年11月7日の立冬の日を思い出す。
三重県の津市で伊勢新聞社の報道部にいたころのことだ。
それまで2年半いた編集局整理部から3カ月間暫定で販売部に所属し、その年の10月に念願の報道に移って間もないころだ。
津の市政担当記者クラブに所属していたぼくは、津市内の町ネタも拾わなければならない。
朝、デスクから暦ものを一本出稿するようにと命じられて、午後から津市役所から歩いてすぐの津のお城公園に行った。
津城が建っていたところだが、城の面影は石垣くらいで、広場の中央にある噴水を中心に市民の憩いの場になっている公園だ。
立冬とはいえ、ポカポカ陽気の暖かな日だった。
噴水の周りには、小学生たちが写生に来ていた。5、6年生だった。
黒い学生服の上着を脱いで、みんな白いカッターシャツで、画板に向かっていた。
その中の一人の男の子をつかまえて話しを聞き、写真を撮らせてもらい、「ぽかぽか立冬」という仮見出しを付けてたて3段の写真ものの囲み記事を出稿した。
翌日の社会面の一角に、比較的に大きく扱われた写真とともに記事が掲載された記憶がある。
なんてことのない記事だった。
暦の立冬に比べ、暖かい冬の訪れを小学生の白いカッターシャツで伝えただけだった。
それでも、その記事の取材も記事もよく覚えている。
そして立冬の日には必ず思い出す。
おそらく、今思い返せば、2年半の整理部時代、報道に出たくて出たくて仕方なかった。
やっと念願の報道部で取材できるようになり、こんな歳時記原稿もうれしかったのに違いない。
今年の立冬、風はあったがそんなに寒さを感じるような一日ではなかった。
新人記者たちは、今日どんな立冬の記事を書いたのだろうか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【駆け出し記者の「立冬】

11月7日。暦のうえでは立冬。冬だ。立冬という言葉に出合うたびに、1984年11月7日の立冬の日を思い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR