FC2ブログ

入門書でありバイブル

171213.jpg

今朝の一冊
粟村政昭『ジャズ・レコード・ブック』
学生時代、寮の友人の影響でJAZZを聴き始める。
さて、レコードを聴こうにも何を聴けばいいのかわからない。
「スイングジャーナル」誌を定期購読しながら、
知人に薦められたこの粟村政昭『ジャズ・レコード・ブック』が入門書となり、バイブルとなった。
A:ジュリアン・キャノンボール・アダレーから始まるジャズミュージシャンの紹介と代表的な作品を、聴いては読むの反復レッスン。
おかげでミュージシャンの名前だけは、今も頭に刻み込まれている。

昭和のテレビの裏側が

昭和のあなた

奥山侊伸『昭和のテレビと昭和のあなた』

師走目前に北海道から一冊の本が届いた。
奥山侊伸『昭和のテレビと昭和のあなた』。
差出人は本書の発行人である海豹舍の舘浦あざらしさん。
ちょっとふざけた名前だけど、とってもいい男だ。
新刊だから読めということだろうから、読み始めると、これがおもしろいというかすごい話がいっぱい。
前田武彦、青島、永六輔、大橋巨泉……
昭和のテレビを楽しんだ者としてはたまらない。

年末のこの忙しい時に、ホント迷惑なヤツだ。

バーで飲むウイスキーはどうしてこんなにおいしいのだろう。

171129.jpg

今朝の一冊
雑誌『danchu』2,017年2月号。
特集「バーは、あったかい。」
料理やお酒に特別関心や知識があるわけではないが、食べたり、飲んだりは好き。
バーには時々、それも同じ店しか行かない。
特集のタイトルではないが、あったかいし、同じウイスキーなのになぜかバーのはおいしい。
不思議ではない、そういう場所なんだ。
店にたどり着くまでに冷えきった体を、琥珀色の液体が温めてくれる。

ラジオでこんな番組を

少し暖かい朝。カーテン越しの朝陽が心地よい。
今朝の一冊
ポール・オースター編『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』
アメリカで、ラジオ番組のためにリスナーたちから自身のちょっと普通でない体験を集めたショートストーリー集。
事実は小説よりも奇なり。
こんな番組をラジオでやれたらと思うんだけれど、どうでしょう?


171127.jpg

返し忘れた本


171126.jpg

薬師寺慎一先生から借りた本『タレント文化人200人切り』。返すことができないまま、書棚にある。
薬師寺先生の本にはどの本にもたくさんの書き込みがある。
大事なところ、引っかかったところには線を引き、「同感!」などと、色鉛筆で書いてある。
山川出版の高校日本史の教科書を取り寄せ、書き込みだらけにし、「教科書にこれだけダメ出しをしているのはワシくらいじゃろ」と笑いながら怒っていた。
権威、権力をふりかざす人や不正、欺瞞、不誠実が大嫌いだった。
ご健在なら一連の政権腐敗ぶりをどう叱り飛ばすだろうか。
17112602.jpg
プロフィール

kibitopub

Author:kibitopub
山川隆之
編集者、吉備人出版代表。1955年岡山市生まれ(旧姓・長井)。岡山市立操南小学校—倉敷市立大高小学校から、倉敷市立南中学校・県立天城高校・三重大学農学部卒業。伊勢新聞記者、備北民報、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に株式会社吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術−カモ井加工紙の87年』『強く、やさしく、面白く』などの編集を担当し、吉備人出版としてこれまでに23年間で約630点を出版。日本出版学会会員、デジタルアーカイブ学会会員、岡山ペンクラブ会員。2012年に福武教育文化賞奨励賞、2013年に岡山市文化奨励賞(学術部門)を受賞。RSKラジオ「ごごラジviviっと!」ゲストパーソナリティー。著書に『岡山人じゃが』(共著)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR